プロテインの知識・コラム

ホエイプロテインの種類と吸収時間!WPC、WPI、WPHはこう違う!

ホエイプロテインっていろんな種類があるってご存知でしょうか?

プロテインにはホエイやソイなどの種類があると知っている方も多いかと思いますが、そのホエイプロテインの中でも何種類かに分けられます。

その種類によっては、値段も違いますし合う合わないも出てくる可能性もあるので、もしホエイプロテインが体に合わない場合は製法を見て見られると良いかと思います。

また、吸収時間もカゼインやソイと比べて違うのですが、具体的にどれくらいの吸収時間で体に取り込まれるのかも具体的にお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ホエイプロテインの種類

ホエイプロテインとは?

そもそもホエイプロテインとは何ぞや?というところですが、ホエイプロテインは牛乳のタンパク質から作られたプロテインの一つです。

牛乳からできるプロテインは2つあって、水溶性タンパク質と固形タンパク質があり、水溶性がホエイ、固形がカゼインという分け方になります。

ヨーグルトの上澄みに水分があるじゃないですか、あれがホエイプロテインです。

あれを粉状に加工したものがホエイプロテインとして販売されているんです。

ホエイプロテインの正体は牛乳のタンパク質と考えておけば良いですね。

では、その牛乳由来のホエイプロテインですが、製法の違いによってまた違いが出てきます。

WPC製法

WPCとは「ホエイプロテイン コンセントレイト」と呼ばれます。

特徴としては、牛乳の栄養素を残しつつ生成され、価格もほかの製法と比べると安いのが特徴ですね。

ただ、牛乳の栄養素を残すので、「乳糖」が残ります。

この「乳糖」とは、牛乳を飲んでお腹を下しやすい方の原因となる栄養素です。

日本人は乳糖を分解する酵素がもともと少ないので、牛乳を飲んでお腹を下す方が多いのですが、WPC製法で作られたホエイプロテインにも乳糖は入っているのでお腹を下す方が出てしまいます。

乳糖不耐症と呼ぶのですが、乳糖不耐症の方はWPC製法で作られたホエイプロテインは体に合わないかもしれませんね。

しかし、WPC製法で体に合わない方にも飲むことができる製法があります。

それは次にお伝えしますね。

WPI製法

「ホエイプロテイン アイソレート」と呼ばれるのがWPI製法で、タンパク質以外の栄養素を極力排除した製法になります。

乳糖についても少しは残るようですが、ほとんどは排除されているので、WPI製法で作られたホエイプロテインに変えて下痢が収まったという方も実際にいます。

私は乳糖不耐症ではないのですが、良く夏の電車でクーラーがきつくて下痢気味になるので下痢のつらさはわかります。

ですから、少しでも下痢を何とかしたいという方はWPI製法のホエイプロテインを選ばれますね。

プロテインを飲むたびに下痢になるのはたまりませんから、少し高くてもこれで対処できるのならうれしいと思います。

何点か、WPI製法のプロテインをご紹介しておきますのでよろしければ見てみてください。

送料込みでの金額はビーレジェンドのプロテインが一番お値打ちですね。

 

WPH製法

「ホエイプロテイン ハイドロイセイト」と呼ばれる製法で、加水分解を使った製法になります。

WPH製法では乳糖を極限まで少なくしています。

ですので、WPIでも下痢になる方はWPHまで使われると下痢が治るケースもあります。

そうとは言え、値段としてはやはりWPC<WPI<WPHと高くなります。

よりタンパク質の純度が高くなり、製法も手間がかかるのでプロテイン自体の値段も高くなってしまうようです。

WPIでも下痢になってしまうなら、WPHのプロテインを選ばれると良いですよ!

ただ、値段はかなり高いです・・・

ホエイプロテインの吸収時間

出典 Boirie Y et al., Proc. Natl. Acad. Sci. USA94, 14930-5(1997)

https://www.meiji.co.jp/milk-protein/property/article-3-2.html

この表はホエイプロテインとカゼインプロテインの吸収時間の違いを現したグラフになります。

この表を見る限りであれば、60分~180分でかなり高いレベルでホエイプロテインは体に吸収されることがわかりますね。

ただ、その後も緩やかには吸収され続けていますので、吸収が早い部分とそうでない部分が存在しそうかなという事がうかがい知れますね。

一説によると、カゼインプロテインとホエイプロテインにはトータルで見ると筋肉の成長にはさほど差が無いともいわれています。

まだまだ実態は研究中らしいので、新たな事実が出てきたら、ホエイもカゼインもどちらでもいいよってなるかもしれませんね

まとめ

ホエイプロテインの種類や吸収時間についてお伝えしてきました。

ホエイプロテインの種類と吸収時間

ホエイプロテイン:牛乳由来のタンパク質で、水溶性。

乳糖の多さ:WPC>WPI>WPH

値段:WPC<WPI<WPH

流通量:WPC>>WPI>>>>>>>WPH

このように、圧倒的に出回っている量が多いのはWPC製法です。

それで、お腹を下して下痢になる方も多いです。そういった方はWPI製法で作られたホエイプロテインを飲まれるのをお勧めしますよ。

いろいろ種類があってわからないという方はとりあえず安いホエイプロテインを買っておけば良いですよ。

その場合はWPC製法だと思うのでそれが体に合っていればそのまま使い続ければいいですし、合わなければ製法を見直すという段階に入れば良いかと思います。

おすすめのプロテイン
マイプロテイン_初回セット

安くてうまいプロテインがいい!

お財布事情が厳しいサラリーマンやOLにとって、プロテイン代は死活問題にもなりかねません。

市販のS○VASなどは正直高すぎるので、安いものが欲しくて、たくさん飲みたい方はこのプロテインがおすすめです。

公式ページはこちら

関連記事
プロテインの知識・コラム

プロテインは断食・ファスティング中に飲んでもOK?1週間くらいの場合に飲む効果やプチ断食の場合も!

2019年7月27日
DO IT(ドゥーイット)
断食中の飲み物としてプロテインを飲むのは果たしていいんでしょうか? 断食やファスティング中は筋肉を落としたくないですからそういった意味 …
お腹周りが気になるかも
そう感じたらまずこの記事をご覧ください
こちらをクリック
お腹の肉が気になる・・・
そんな時に見る記事
ここをタップ