プロフィール

こんにちは、タカヒロと申します。

私のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

感謝の気持ちも込めて、私の自己紹介をさせていただきたいと思います。

まず、私のかんたんな経歴はこんな感じです。

  • 1988年 兵庫県に生を受ける
  • 中学3年生で腹筋が無さ過ぎて腰痛に見舞われる
  • 高校では小学生から続けた野球をやり切り燃え尽きる
  • 高3の夏から猛烈に受験勉強して目標の大学に合格
  • 大学ではかねてからかっこいいなと思っていた格闘技をしたく、なぜか少林寺拳法部に入る
  • 好きなものは上手になるという感じで、全国大会まで出る
  • 社会人になってからはこれまでのスポーツ経験を過信んし暴飲暴食を繰り返す。
  • 26歳では酒好きも相まって学生当時から20kg増しの78kgまで太り医者に警告される
  • 医者に痩せなきゃヤバいと言われ、10kgのダイエットに成功
  • その後、再び武道へ道をすすめたが、食欲と酒には勝てずに徐々に太る

そして、現在に至ります。

ひとつづつご紹介していきますので、ご覧いただければと思います。

スポンサードリンク

1988年 兵庫県に生を受ける

兵庫県に1988年に生まれ、育ちました。

小学生の時から野球をしていて、そこまで上手でもないけれど、運動は好きな子供って感じで、外で遊んで野球をしての繰り返しの日々でした。

小学生時代はキックベースやドッヂボールが好きで外が晴れたらキックベース、雨だったらドッヂボールって感じでしたね。

とにかく毎日汗だくになるまで遊んでましたね。

中学3年生で腹筋が無さ過ぎて腰痛に見舞われる

中学生でも野球を続けていたんですが、うまくなりたいからってひたすら素振りを続けていたんですよ。

そしたら、左の腰がめちゃくちゃ痛くなって走るのも痛いしバットは振れないくらい痛いって感じまでになっちゃいまして。

最終的には学校の授業で椅子に座るのも痛くて痛くて・・・

整形外科を何か所か回った結果、ベッドに寝転んで診察されている時に、お医者さんに「足を上げてそのままキープしてみて」って言われてやってみたんです。

そしたら、腹筋が無さ過ぎて腹筋がプルプルってなってしまって(笑)

そしたらお医者さんが「腹筋が弱すぎるからや!!」って大発見したような感じで言われちゃいました(笑)

帰りの車の中で同行してもらってた母親に「あんた運動してるから筋肉あるんやって思ってたけど、そうじゃなかったんやな、以外!」って言われたのを鮮明に覚えています。

そこから腹筋や背筋などの筋肉があるのって大事なんだって認識しました。

それまでは「筋肉は勝手につくから筋トレとかしなくても全然大丈夫だろ」って思ってましたから。

高校では小学生から続けた野球をやり切り燃え尽きる

そして高校へ進み、そこでも野球は続け甲子園を目指し日々苦しい練習を耐えて耐えて耐え抜きました。

決して強豪高校ではないのですが、専用グランドがあって朝錬や放課後の練習はやり放題の環境だったんです。

その専用グランドがあるという環境が良かったのか、悪かったのか、平日は毎日練習、土日は練習試合か練習試合が無ければ練習という休みなしの日々でした。

休みはテスト期間か年末年始やお盆の数日のみですよ。

それ以外はほぼ毎日朝6時30分に電車に乗って朝から練習して、放課後は19時まで練習して19時半の電車に乗って帰宅。

帰宅したら20時半や21時くらいになってしまっていて、帰宅後にはもう寝るだけっていうような生活でした。

そんな環境でしたから疲労も抜けず、練習は耐え抜くことしか頭になかった記憶があります。

そんな感じだったので、あまり上手にもならずで高校生の野球で完全に野球をすることに燃え尽きました。

最後の大会が終わった時は、悔しかったのですが「もう練習しなくていいんだ!」って気持ちの方が大きかったですね。

今思えば、いろんなプレッシャーにかけられて練習とか楽しめなかったのがあんまりよくなかったんだな~って思います。

大学ではかねてからかっこいいなと思っていた格闘技をしたく、なぜか少林寺拳法部に入る

大学では、格闘技がしたくって少林寺拳法部に入りました。

なぜかって、年末年始でやっていたK-1とかボクシングがカッコよくって「ああやってかっこいいことしてみたい!」ってかねてから思ってたので「チャレンジしよう!」って思ったのがきっかけです。

ですが、大学の部活やサークルをいろいろ探しても、空手部はこれまでやってる経験者ばっかりだから付いていけるか不安だし、高校みたいに練習づくしの生活はもう嫌だって思ったからあきらめました。

かといってサークルでキックボクシングサークルってのが無くて、途方に暮れていた時に見つけたのが少林寺拳法部でした。

私の大学では、少林寺拳法部はグローブを付けて剣道の様な胴を付けてキックとパンチをする乱取り(組み手)をしてまして、さらにみんな初心者からスタートしてるって聞いて思わず見学に行きました。

そして、見学に行って先輩方を見てすんごく上手だったんですよ。

それで「これだ!」って思って入りました。

好きなものは上手になるという感じで、全国大会まで出る

少林寺拳法部での練習は、キックやパンチは練習したらうまくなるし、自分でかっこいいって思って始めたやつだったのでどんどん上手になっていきました。(自分でいうのも恥ずかしいですが)

それで、結果的に全国大会まで出るくらいにまで成長しました!

そこで気づいたのが、「やっぱり好きで続けているものって身になるし、成長も早いな~」ってことでした。

野球も最初は好きでやってたのですが、いつしか変わってしまっていったんですよね。(今でも野球を見たり軽く動くのは好きですよ!)

ここまで、小学生3年から大学4年まで13年間、しっかり運動してきた毎日でした。

その中では、スピードだったり技術の体得をしたい思いが強かったので、筋肉を付けるという必要性をケガの予防という意味でしか全然感じていませんでした。

少林寺でも、拳立伏せ(こぶしをグーにして腕立て伏せ)はやってましたが、練習後の補強みたいなもので、それ以外は動いて乱取り(組み手)をしている中で付いたらいいと思っている程度でした。

社会人になってからはこれまでのスポーツ経験を過信んし暴飲暴食を繰り返す。

そして会社に就職してサラリーマンになりました。

学生時代は運動をしていたこともあって、いくら食べてもしっかり落ちるという考えでいたので、社会人になっても好き放題食べて飲んでを繰り返していました。

金曜日になったら飲み会、家でも晩酌やラーメン大盛、週3でラーメンやつけ麺を食べるなど、今から思うとヤバヤバな食生活を送っていました。

運動と言えば、一応キックボクシングジムに月1くらいでは行っていましたが、月1ですので全然運動している部類には入らないレベルで、学生時代の技術の維持くらいのレベルでした。

26歳では酒好きも相まって学生当時から20kg増しの78kgまで太り医者に警告される

そうすると、学生時代の一番軽いときから比較すると20kg増しの78kgまで増量というか太りました!

そりゃ運動もせず、好き勝手毎日ラーメンやつけ麺をバカバカ食べて、好きなだけ飲んでたら太りますわ(笑)

そんで健康診断で医者に言われたのがこんな衝撃的なことでした。

医者「レントゲンで内臓脂肪が横隔膜を押し上げている。

どんなデブが来るかって思ったら、さほどデブじゃないよね。

君、今だったら痩せたほうが自分のためやで!」

初めて「痩せた方がいい」って言われて「マジかよ、俺もついに言われてしまうようになったんか・・・」って衝撃でした。

そして続けざまに

医者「食事でラーメンばっか食べてるみたいだけど、それ止めな!

運動するより食事が絶対大事!

フルマラソン1回入ってかつ丼2杯くらいのカロリーですよ?

フルマラソンをひたすら走るか、食事を変えるかどっちの方が楽?」

って言われたんですよ。

私「そりゃ、食事を変える方が楽です・・・」

って答えるしかなくって。

そこから、やっぱり食事が大事なんだって思って一念発起してダイエットにチャレンジしました。

医者に痩せなきゃヤバいと言われ、10kgのダイエットに成功

そして、結果、4か月ほどで10kgのダイエットに成功しました!

方法はネットで調べての糖質制限ダイエットでした。

食事をひたすら糖質が少ない おでん とかにして、昼は野菜ジュースを1リットルくらいがぶ飲みするって感じでほぼ自己流でやってのけました。

今思うとかなり無茶な痩せ方ですが、実際に体が変わると本当にうれしいんですよ!

ウエストが10センチ以上ダウンしたので、それまで履いていたズボンがガバガバになってしまってサイズが合わなくなってしまったのは少し残念でしたが、Tシャツが似合うようになってきてとてもうれしかったです。

世界が変わるってこういう事を言うんだなって思いましたね。

今でもその時に健康診断で注意してくれたお医者さんには感謝しています。

1回だけしか行ってないので、もう名前も場所も忘れてしまってますが(汗)

その後、再び武道へ道をすすめたが、食欲と酒には勝てずに徐々に太る

その後、再びちゃんと武道をやろうって思って着衣の総合格闘技を始めました!

体が変わるといろんな事にチャンレジしたくなって、これまでやろうやろうと思っていたことにもチャレンジしたんですよね。

そして週2回は稽古に行って練習して以前よりも運動量が多くなって体もいい感じになってきました。

ですが、それに甘えてまた食欲と酒が増えてきてどんどん体脂肪が増えてきている始末・・・

それで前に10kg痩せた経験もあるのですが、一度痩せても戻ってしまっては意味がないので、いい体をキープするためにはどうしたらいいのかって調べてたら、基礎代謝を上げて消費カロリーが多くなる体に変えるという事でした。

「筋肉を付けて基礎代謝を上げれば、食事の量を減らしたり無理な運動をして体重を落とさなくてもいいじゃん」って思ったんですよね。

何もしないでも筋肉さえ維持できていれば食べたいものを食べられて、体をキープできる。

それが一番いいダイエット方法だし、これからの人生を考えた時にも「いい体をキープするのって健康的だからいいよね」って思ったんですよね。

そんな私がこのブログを運営しています!

そんなダイエットを成功したり再び太ってしまったりと紆余曲折している私ですが、そんな私の経験と、これからさらにいい体になっていきたいって思っている私が得ていく知識をこのブログを通じてご紹介していこうと思います。

実践しているからのつらさ、大変さも見ていただいている貴方と同じ目線にもありますし、一度ダイエットに成功したことがあるからこそ、いい体になることのメリットってとても感じるんですよね。

そういった私の等身大の思いやこれからちゃんといい体に復活して「Tシャツを脱げる」ようにという私の願いと「俺も頑張る!」という決意も込めて、「君は人前でTシャツを脱げるか?」というこのブログでいろいろと情報をお伝えしていければと思います。

どうぞ、よろしくお願いします!

お腹周りが気になるかも
そう感じたらまずこの記事をご覧ください
こちらをクリック
お腹の肉が気になる・・・
そんな時に見る記事
ここをタップ